癒し処耳かき店~耳撫屋 弐~・感想

サークル『音撫屋』さんによる音声作品です。

マッサージ、ヘッドスパ、耳洗浄、耳かきといった各種癒しを感じる事が出来る作品です。

実はこの作品が自分が初めて購入した音声作品であり、恐らく一番視聴回数の多い作品でもあると思います。

第一印象としては「ほえ~、こんなジャンルがあるんだ~」と関心したのと同時に、これはハマってしまうだろうなと感じました。

実際、3年経った今でもコンスタントに色々な作品を購入し続けています(笑)

作品の詳細はこちら

癒し処耳かき店~耳撫屋 弐~
体験版のダウンロードが出来ます

感想・あらすじ

01.いらっしゃいませ、耳撫屋にようこそ(3分9秒)

とても優しい声で用意されているメニューの説明から入ります。

手ほどきをしてくれる女性は彩寧(あやね)さん。

紙をめくる音が効果音として入っているのですが、これだけで臨場感を得られますね。

特に初めて通して聴く時に「ああ、お店に来たんだな」と体感しながら本編に入っていけます。こういう段取りがきちんと用意されているのは良いですね。

02.リンパマッサージ(14分8秒)

まず、首の下に暖めたタオルを敷くという演技があるのですが、これが妙にリアルで音だけで気持ちよくなれます。

パンパンパンというタオルの音も自然で丁度良い感じです。

アロマオイルを使って首元からマッサージが始まります。オイルを馴染ませた手でスリスリスリ…と心地良い感覚が味わえます。綾音さんの声もここから耳元で囁かれる感じになり、同時に色っぽい溜息もたまに聞こえてくるので、女性に包まれながら優しく抱擁されている感覚になります。

いやらしいという感覚ではなく、あくまでも心地良いという感覚ですね。

途中で首元のタオルを換える際、タオルを温め直すお湯の音が耳元で聞こえるのですが、こういうさり気ない音声が作品の雰囲気をしっかり作り上げています。

耳の後ろのマッサージから、頭皮のマッサージと場所を少しずつ変えながらマッサージが続けられます。

03.オリジナルヘッドスパ(13分24秒)

まず、髪の毛全体をお湯で馴染ませていきます。シャワーは使わず、綾音さんが手で馴染ませてくれます。

「このヘッドスパのポイントは、お湯の音をゆったりと堪能出来るところです」

という説明があるのですが、実際小気味よく聞こえてくるお湯の音がとてもリラックス出来ます。寝る時に横になりながら聴いていると、本当に幸せな気分になれますね。

続けてシャンプーに移ります。

やはりシャンプーといえば、泡の心地良い音が良いですよね。その泡の音も1カ所からだけでなく、たまに移動したり泡の音の感じも一定ではなく微妙に変化するので、本当に洗ってもらっている気分に浸れます。

すすぎの時もシャワーは使わず、丁寧に洗剤を洗い流してくれます。

04.耳洗浄、耳マッサージ(10分58秒)

両耳に脱脂綿を入れられ、耳の洗浄が体感出来ます。

耳に最も近い所で聞こえる石けんの泡の音が心地良いです。実際タオルを石けんで泡立たせ、耳をごにょごにょとすると非常に似た音を聴く事が出来ます。

手際よく洗浄が終わると泡を拭き取り、もう片方の耳も洗浄されます。

たまに聞こえる耳元での吐息がなんとも良いんですよね。ずっと聞こえるのではなく、たまにそっと聞こえてくるのです。

最後にオイルでケアされて、このトラックは終了です。

05.ブロー(4分29秒)

ドライヤーで髪の毛を乾かします。

シーンとしは少し短いですが、リラクゼーションの一連の流れを体感する上で欠かせない部分ですね。

耳かきのパートに自然に繋げるのに一役買っています。

06.耳かき(35分22秒)

約35分の尺をかけて耳かきを体験する事が出来ます。

耳かきの音としては、軽めで乾燥した感じの耳かき音となります。

左右を入れ替える時以外はあまり会話もなく、純粋に耳かきの雰囲気を味わえる構成になっています。

耳かきの最後に耳フーをするのですが、このフーの力加減がほどよく自分はとてもお気に入りな部分です。

最後は梵天でフワフワとケアされます。特に後半の「少し大きめな梵天」はとても心地良く優しく包まれる感じが心地良いです。

この作品においては、梵天シーンの方が自分好みですね。

07.ご来店有り難うございました。(1分6秒)

作品の締めとして用意されているパートで、アニメで言うと ED にあたりますね。

特に内容は無いのですが「お店に来た」というシチュエーションを終わらせるためには必要な部分だと思います。

丁寧に作品を終わらせようとする気配りは良いですね。

opt.耳舐めマッサージ(11分15秒)

ここからはオプションパートとなります。各オプションパートは、本編に自由に差し込む形で聞けるように独立した形で収録されています。

耳舐め音声としては、かなりソフトな部類に入ると思います。

さり気なく状況を説明しながら耳舐めをしてくれるので、聴く側もある程度想像しながら音声を楽しむ事が出来ます。

最初は右耳。続いて左耳と続きます。

自分が最も初期に聴いた耳舐め音声となりますが、当時から就寝時のBGM代わりに聴いていました。不思議とエロさはあまり感じず、落ち着いて寝る事が出来ました。

たまに耳に当たる吐息が心地良く感じます。

opt.二人同時マッサージ(11分40秒)

彩寧さんに加えて伊織さんが同時にマッサージをしてくれます。

彩寧さんは左側、伊織さんは右側担当で、心地良い吐息とマッサージのオイルの音を楽しめます。

オプションパートは本編と比べて色っぽさが増しており、それが心地よさを増しているのかもしれません。

opt2.二人同時耳舐め(21分15秒)

彩寧さんと伊織さんによる、両耳同時の耳舐めです。

彩寧さん1人の時の耳舐めと同じくソフトな耳舐めとなっています。

また、吸い上げたりキスしたりと少しずつ違うシチュエーションを楽しめます。

おまけ.閉店後、二人きりで(7分40秒)

このパートは、あなたがある程度常連になった前提でうたた寝をしてしまい、結果的にお店に二人きりになってしまった、というシチュエーションとなります。

帰ろうにも、既に深夜。終電も無い。

そんな中での二人の会話です。

本当はこのパートこそが入眠用に作られた物かもしれないのですが、いつも前のパートで寝てしまっていました(笑)

おまけフォルダ

別途おまけフォルダに、伊織と綾寧の耳なめオンリーパートが容易されています。こちらはおまけ扱いとなっていますが、耳なめのみを楽しみたい方はむしろメインとして使えるのではないかと思います。

総括

音声作品の良さを存分に体感出来る作品でした。

私は気に入った作品は繰り返し聴く傾向にあるのですが、最初に購入した作品という事もあり、延べ視聴回数はかなりの回数になるかと思います。

今では、耳かきの音はもう少し湿り気を感じるタイプの方が良いな、と思うのですが購入当時はずっとループで聴いていたものです。

また、耳舐めというジャンルに出会えた事は衝撃でした。女性に包まれている感じがしてとてもお気に入りのシチュエーションです。

私にとって、同人音声作品の起点となっている作品です。

癒し処耳かき店~耳撫屋 弐~

作品のデータ

サークル名 音撫屋
タイトル名 癒し処耳かき店~耳撫屋 弐~
シリーズ名 耳撫屋
収録時間 2時間15分
ファイル形式 MP3
ファイル容量 394.32MB
声優 かの仔(彩寧)・野上菜月(伊織)
シナリオ 音撫屋
イラスト kochi
発売日 2014年8月17日
おすすめの記事