投資信託を始めた理由

きっかけは 30年先を見越して貯金を始めるなら投資した方が良さそうだ、という単純な理由だったりします。

私が投資信託を始めたのは 2014年、NISA のニュースが目立っていた時期です。この頃から預金に余裕が出てきた事もあり、お金の使い道を考え始めました。

  • 「車買おうかなぁ…」
  • 「ワンルームで手狭になって来たから引っ越そうか…」
  • 「保険ってどうなんだろ?」

今まであまり意識してこなかった事に少しずつ興味が沸きましたが、結果的に自分が取った選択は「投資を始める」事と「家を買う」という事でした。

ここでは主に投資信託について書いています。

将来の自分にお金をパスする1つの手段として

老後のためお金を貯めるには、無理せず貯蓄出来る手段が理想的です。積立感覚で手軽に出来る投資として投資信託は魅力的だったわけです。

積立預金でも良いじゃないか、という意見もあるでしょうが、預金という物は将来にお金を残すという手段には不向きです。安全ではありますが、何も生み出しません。むしろインフレにより価値は下がっていきます。

毎月余剰資金に当たるお金を投資信託という形で少しずつ積み立てておけば、インフレに対応出来、長期で持てば持つほど預金よりも有利になります。30年後の経済が今よりも小さくなっている事は考えにくいからです。

投資信託は株式や債券の詰め合わせ商品

信託会社に手数料を支払う代わりに資産運用してもらう。これが投資信託のシステムです。この文面で分かると思いますが、投資信託は投資の初心者向けの商品になっています。

投資を成功させるには勉強が不可欠です。投資のため時間があまり取れない。しかし投資には興味があるという人にとって投資信託は向いていると言えます。

ただしシステムが複雑な関係で「初心者向きの投資なのに中身が分かりにくい」という欠点もあります。投資信託を始めるのであれば、まずは関連する書籍を最低 3冊読んでからご自身で良く考える必要があります。

投資を始めるまでには優先順位がある

「確定拠出年金」「国民年金基金」「小規模企業共済」を優先

これらは掛け金が全額所得控除になり節税効果が非常に高い事が特徴です。フリーランスが資産形成する上で欠かせない物です。

これらに対し上限まで積み立てて、その上でまだ運用資金が用意出来るのであれば投資を始めるのが良いでしょう。

実際私も、それぞれの枠を一杯まで使い、その上で投資信託などの運用をしています。

「住宅ローン」の繰り上げ返済

また、住宅ローンを組んでいる人であれば繰り上げ返済を優先させた方が良いです。

投資にはリスクがつきまといますが、繰り上げ返済は確実に利益に繋がるからです。住宅ローン控除との兼ね合いもありますが、多くの場合は繰り上げ返済を優先させた方がお得になる事が多いです。

私の場合、投資信託を初めてから住宅ローンを組んだので投資信託の積み立てを続けるか悩みましたが、分散投資という考えを優先させ少額だけ続ける事にしました。住宅ローンを先に組んでいれば、恐らく投資信託に手を出すのはずっと後になっていたと思います。

預金は未来にお金を残す手段として下策

銀行にお金を預けるという事は金利がほぼゼロの現在では「お金を眠らせる事」と同義です。そこからは何も生まれません。

今後インフレに傾けば、預金はさらに意味の無い物になります。お金の価値は時が経つにつれ目減りするからです。預金は所得1年分あれば十分だと思います。

お金を活かすには、お金に働いてもらう必要があります。働かせるには投資する必要があるという事です。

セゾン投信を選んだ理由

投資信託を始めるにあたり、自分なりに色々と調べました。長期投資を前提とした投資信託選びなので慎重にもなります。

投資信託は元々長期投資を前提としたものです。しかし世の中には手数料を稼ぐ手段としか考えられていないような投資信託も多い事も知りました。

そんな中から、資産運用を第1にユーザー目線で運用されているセゾン投信を選びました。積立直後は少々不安もありましたが、今ではセゾンを選んで正解だったと思います。

今はセゾン投信の[セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド]と[セゾン資産形成の達人ファンド]を同じ比率で購入しています。

積立開始から 5年目となり手数料が安い新たなファンドも出てきていますが、当分はセゾン投信で積み立てていこうと考えています。

投資信託は多くの資産運用の1つでしかない

自分はまず投資の一歩目として投資信託を選びましたが投資には様々あります。実際、投資信託は本格的に投資をしたい人から見れば物足りない商品だと思います。

リスク分散を考えるのであれば、投資信託も複数運用するのが良いのかもしれません。ただ、自分の考えでは、投資信託はそこそこにして株式も行いたいという思いがあります。

また、現時点では住宅ローンの繰り上げ返済にかけた方が見返りが大きいという理由もあり、そちらを優先しています。

まとめ

投資信託は長期投資が前提の投資です。目先の利益に捕らわれず 10年後 20年後に結果を出したい人向けです。

自分は 「預金するなら投資信託」 という理由で始めました。

ガッツリ投資の勉強をしてすぐに結果を出したい! という人は FX や株という事になるでしょう。投資にも色々あり、それぞれ特色があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする