四十肩でジムを休んだらとても不安になった時の話

たまに思い出したかのように関節痛に悩まされる事があります。

今回はその事について書いてみようと思います。

10日ほど続いた肩から背中にかけての痛み

今月前半の事になるのですが、10日間ほど四十肩と思われる痛みに襲われ、ジムをしばらく休みました。回数にしたら 3回分位でしょうか?

「仕方ない。痛みが引くまで我慢しよう」

と思ったのですが、以外とジムに行かないという事に対して不安に感じたのが、自分自身でも不思議でした。

ジム通いを始めた理由は老後も元気に過ごしたいからなのですが、こういう痛みを感じるととても不安になる物ですね。

過去にも関節痛で悩んだ事があった

過去に腰痛で会社を 3日休んだ事がありました。本当に起き上がれなくなってしまい、病院に行くのにも一苦労といった状態になってしまったのです。

レントゲンを撮り、アレコレ調べてもらったのですが結局原因は分からず。コルセットのような物を借りて、安静にするしかありませんでした。

当時勤めていた会社に「腰痛で休みます」と伝えても「え?なんでやねん??」といった感じで、自分としても肩身が狭く感じたのをよく覚えています。しかし、まともに立って歩けないのですから仕方ありませんでした。

学生時代は割と動き回っていた方だと思うのですが、イラストレータとして机にかじり付くようになってからというもの、確かに運動をする機会はほとんど無くなりました。

ジム通いを始める前はランニングなど行ってみた事もあるのですが長続きしませんでした。物事を習慣化させるのは、案外難しい物だと思ったものです。

ストレッチについて

ジムのトレーナーの方曰く「ストレッチが良いですよ」との事。ネットで色々調べてみても、やはりストレッチは重要なようです。

ただ、自分は今までストレッチはあまりやっていませんでした。正直どのようにすれば良いのかよく分かっていない状態です。

他の方、特に常連さんが取り組んでいる事を見ていると、トレーニング後にストレッチをやっている方が多い事に気がつきました。

幸いな事に、ストレッチメニューはジムに置いてあるので、それを参考にやってみようかと。

加齢との付き合い方

年齢を重ねるにつれて、否応なしに考えさせられる事は多いです。その中で一番大きなウエイトを占めるのは、やはり体力的な事が大きいです。

実は 30代になった時は体調の変化をほとんど感じなかったのですが、40代になった時は凄く変化を感じました。恐らく今後もっと変化していくのだと思います。

バイクでも車でもそうですが、年式を重ねるとメンテにも手間暇かかるようになります。体もそうなんでしょうね。

今までズボラだった分、今後はきちんと向き合って行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする