血圧を測ってみたら思ったよりも低かった件

ジムには血圧計があります。今まで気にも止めていなかったのですが、血圧って健康と密接な関係があるんだっけ? となんとなく計測してみました。

結果は至適血圧だが、かなり低め

3日に分けて調べてみた結果

収縮期血圧(上) 拡張期血圧(下)
1日目 113 60
2日目 106 61
3日目 107 65

思ったよりも低かったです。ちなみに計測はジムで着替えを終えた直後、トレーニングを始める前に行いました。

調べていて知ったのですが、上が 100 以下、下が 60 以下だと低血圧に分類されるんですね。これは WHO の世界共通基準で決められているらしいです。自分は低血圧と言われるほどでは無いですが、かなり低い事が分かりました。

ちなみに、「上」を収縮期血圧、「下」を拡張期血圧と言う事も今回知りました。いやー、知らない事多いですね(苦笑

参考 URL : 正常な血圧と高血圧の基準とは?

低血圧の問題点

主には、血流不足によるだるさめまいとの事です。

実は自分はめまいをよく起こします。特に風呂場で湯船から出た時や、起床時に立ち上がった時です。ひどい時は視界がかすんでしまい、その場で座り込む必要があるほどです。

今まで血圧の事は全く気にしていなかったのですが、もしかしたら血圧が低めな事が原因なのかもしれません。

あとは、仕事中に集中していて休息時にふと立ち上がると、頭がモヤッとする事がたまにあります。もしかしたら、これも軽いめまいなのかもしれません。

体水分量の少なさ

思えば、ジムで体水分量の少なさを指摘された事があります。体水分量が少ないという事は、恐らく血液量も少ないという事だと思うので、これが血圧が低い事に繋がっているのかもしれません。

ジムのトレーナーには「水分補給を頻繁に行って代謝を上げなさい」と言われていますが、これからは血圧の事も意識して水分補給を行おうと思います。

参考 URL : 低血圧のさまざまな原因

食事は特に気にしていなかった

今まで特に食事内容は気にしていませんでした。外食が中心でストレスを感じた時は食べる事によりストレス解消をしていたくらいです。イラストレーターという仕事は案外ストレスが貯まるんですよ…。

高校を卒業してからは運動らしい運動もせず、仕事は1日中座りっぱなし。

酒や煙草は嗜まないので、その点だけは体に優しいかもしれません(苦笑

自分が血圧が低めなのは体質なのかもしれませんね。

高血圧と合併症

では、高血圧ではどのような症状が出るのだろう? と思い、少し調べてみました。

血圧は、血管の壁にかかる圧力の事なので、高くなると血管の負担が大きくなります。結果として、壁が傷ついたり弾力性を失い動脈硬化に繋がるらしいです。

そして、その動脈硬化が心筋梗塞脳卒中腎不全などの病気の引き金になるとの事で、健康と血圧は切っても切れない関係なんですね。

血圧を気にする人が多い事がよく分かりました。

参考 URL : 正常値より血圧が高いとどうなるのか

今後の対応

…と言っても、立ち上がる時のめまいを注意する位でしょうか。たまに意識が飛びそうになる事があるので、そこは冗談抜きで注意しようと思います。

あとは水分補給ですね。代謝を上げる事や血流を増やすため、こまめに摂取する事を心がけます。

高血圧による合併症の怖さと比較すると、低血圧はそこまで気にする必要は無いのかもしれません。ただ、自分が低血圧であるという事を理解しておく必要はあると今回の件で感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする